2019-06-17

人と愛犬が一緒に学ぶドッグコミュニケーションと心と身体のヘルスケア*Introduction*~はじめに

Animal Reconnct System®/ARS(アニマルリコネクトシステム/アルス)は、東京中目黒の住宅街でドッグレッスン&BodyTalkサロンとして

Dog Communication Trainer®(ドッグコミュニケーショントレーナー)小林里香が頭数制限をしながら活動をしています。(*新規募集は12月末以降になります。)

共に暮らす中で生活の質(QOL)を豊かにし、信頼関係を育むにはドッグトレーニングはとても有効です。

愛犬との良いコミュニケーションをとること、愛犬を一番に理解していくことができます。

しかし、言語が違う動物達と、どうしたら理解しあえるのでしょうか?

私のDog Communication Trainig(ドッグコミュニケーショントレーニング)では、「良い子にしつけという意図から、次へ」

ポジティブレッスンで、飼主様と愛犬の信頼関係を深め、お互いが理解しあえるように、コミュニケーションの練習をしていきます。

受講して頂いた方よりは以前に増して愛犬が理解でき、さらに愛おしい存在になったとお声を頂いています。

認定ドッグトレーナーとして動物行動学やトレーニング技術について学んできました。

人と愛犬には見えない繋がりがあり、お互いの気持ちが影響しあっていることを実感し、心と精神、身体のケアができるセラピーを合わせていけないかと、心身全体をサポートし、自然治癒力を回復させる意識のヘルスケアBodyTalk施術士になりました。

例えば、愛犬が幼い頃に他犬にかまれた経験から怖がりになっていたり、付随する困った行動が起きていたとしたら、ドッグトレーニングでも解決できます。

ですが、他の要因、心と身体のバランスが崩れてトラウマ的なストレスを持っている場合もあり、そこを観ていくのがボデイートークになります。

近年の科学ではイヌは人の感情を読みとり、人の気持ちに寄り添うことができることが証明されてきています。

だからこそ、一番そばに居る人が心身ともに健康でいてほしいと願っています。

セラピストとドッグトレーナーの相互からのアプローチで、飼主様と愛犬のサポートをしていきます。

たくさんの人と愛犬が、健康で楽しい人生が送れるお手伝いが出来れば幸いです。

*BodyTalk(ボディ―トーク)は人のために作られたシステムですが、ドッグトレーナーとしての知識を生かして、ARSでは両方の角度から施術をしていきます。ご自身がペットを飼われていない方でもご自身の健康のために癒されにお越しください。

より詳しくはこちらもお読みください。
➡Dog Communication Trainig

➡BodyTalk for Dogs &HumaHumans

●お知らせ●

今までの出張トレーニングから、中目黒のサロンでのレッスンになります。

ご相談&新規のレッスン募集はお問い合わせください。
ご相談内容と愛犬の種類、年齢、性別等をそえて「お問い合わせ」よりご連絡ください。

関連記事