2020-04-01

ドッグコミュニケーションカウンセリング

ボディトーク仲間の相談を受けたのは昨年でした。

常に、人と愛犬の関係性は暮らしの中で変化を起こしていきます。
感想を頂きました。

▽▽▽

海と空と僕と愛犬達と

動物との暮らしの中で 色々と起こる出来事があります。

「実は意味がある」と以前書きました。

愛犬との暮らしの中で気づいた大切な出来事

“私たち人間に愛を注いで待っていること”

“寄り添うことを行動でおしえてくれた出来事”

愛犬が何を望んでいるのか。。。
何を伝えようとしているのか。。。
人間と共により良く暮らしていくためには何が必要か?

そんな視点で私たちに気づきのきっかけを与えてくれた方がいます。

人と動物のより良い暮らし方を伝えているドッグコミニュケーショントレーナーの小林里香さんです。

ドッグトレーナーとセラピストの立場からコミニュケーションレッスンを通じて
人と愛犬の健康と生活の質をサポートしています。

また、 同じボディートークの仲間でもあり、ボディートークで人と動物を繋ぐ 素敵な生き方と仕事をされています。

里香さん曰く「人が変われば、愛犬も変わる」

始めて出会ったのはボディートークの講座の時でした。丁度犬のことで悩んでいた時期だったので色々とお話しをして、こんな動物との生き方暮らし方があるんだとかなり衝撃を受けました。

だって私たち家族は真逆のことをしていたので。

それから何かあるたびに色々とご相談をさせて頂いてます。

声かけの仕方やリードの持ち方、信頼関係や犬の行動を通して観ることだったり、それが今に繋がって、お散歩の時の気づくきっかけにもなったと思います。

今日ふと気づくと、愛犬の行動を単なる我儘と見ていた夫が、怒らず声をかけている姿があり、愛犬と夫の関係というか、その姿はとても微笑ましい光景でした。

私も含めお互いの見方や視点に変化が出てきている今日この頃

愛犬との暮らしが私たち家族にもたらしてくれるものは、想像以上にかけがいのないものです。

最初は大型犬との生活を大反対していた私。大変な部分はもちろんあります!
6匹の犬たちの問題行動は多少それぞれあります。個性もよりどりです。

それでも今では良かったなと思います。

ボディートークを通じて出会った、ドッグコミニュケーショントレーナー里香さんとのご縁にとても感謝です。

あんな風に感じることはなかったと思います。

ありがとうございますと共に、人と愛犬がより健康で幸せに生きる社会になることを願います。

表情がどんどん豊かになっています♡

とても素敵な感想を頂きありがとうございました。

ドッグコミュニケーショントレーナー小林里香です。

東京は色々な物事が中心で動いています。ドッグトレーナーとしての基準も、暮らし方の違いから東京基準だけでお話をすることは出来ません。

犬たちに対する考え方、接し方、犬たちはどう思っているのか?

ボディートークでいう「ラベル」を人の概念でつけることなく、その子の発しているボディーランゲージや行動をみていく。

動物たちは日本語を話せません。感覚で掴んでいるだけだから、勘違いもある。そう思うと問題な行動とは?人が教えてしまっている可能性が大きい。

「人が変われば愛犬も変わる」

彼女の犬との暮らしで大きなラベルは「犬のリーダーにならなければいけない!」でした。

カウンセリングではボディートーク用語も使いながら「リーダーとは何か?」の質問から、彼女のラベルはボロボロと剥がれ落ちて、愛犬たち、人家族、ひとつのファミリーの関係性が変わっていきました。

観る視点が変化したから、愛犬たちの顔つきが物語っています。
ありがとうございました。

ドッグコミュニケーションカウンセリング
〈愛犬とのQOLを高めるために必要なレクチャーを行い、不安や悲しみに対するグリーフケアなど、トレーニングよりもケアやカウンセリングが必要な飼い主さまにオススメです。尚、カウンセリング当日より1週間のサポートをさせていただきます。〉

関連記事