コミュニケーション&ポジティブ・ドッグトレーニング

 

問題犬とは何でしょう?

ドッグトレーナーが必要になるのは「うちの子はこれが出来ない。または、いうことをきかない」と問題が起きてからでしょうか。我が家の愛犬Coo(クー)も人社会が決めたルールに基づくと「無駄に吠えてしまう」問題犬です。しかしながら、彼女の言い分もあります。

問題犬とは人側が「問題」と思った瞬間に生まれます。

問題行動とは愛犬達からの理解をして欲しいというメッセージなのです。

人と動物は言語も違い、お互いの行動も気持ちもわからないからこそ、犬達は不安になり、一見すると攻撃行動にも見える「嚙む・咬む・吠える・唸る」などをしてしまいます。でも、それは犬達が一生懸命に感情を表現していることなのです。

犬達の不可解な行動は、人社会のルールでは問題になるのも当然ですし、してはいけないこともあります。

稀に遺伝や先天性という場合もあります。でも、必ず、きっかけや意味があるのです。

私は最初からの問題犬はいないと思っています。

Trainingの意味

私が考えるトレーニングは、問題行動があるから必要なのではなく、人が管理や服従・コントロールをするためのものでもありません。

「お座りやマテ」など人が教えるために使うトレーニング技術は、命令でもコントロールでなく、言葉が違う人と動物の、手話のようなコミュニケーションのツールだと私は考えています。

家族として共に暮らすのなら、その環境に見合った最低限のルールとマナーを教え、それを「理解」してもらうことを教えていくだけです。

最低限の基本(お座り、マテ、アイコンタクト、リコール)が出来るだけで、その子自身が自信をもち、飛び出しなどの事故や生活環境の危険から守ることができます。

その自信は、愛犬達の笑顔になっていくのです。

また、躾の書籍で示されるような誰でもできる基本の技術であっても、覚えられない子も中にはいるのです。その子の視点が違うのですね。

それが、その子だけが持つ素晴らしい個性ということに、飼い主様が気づいてあげて欲しいのです。

新たな信頼関係と、パートナーシップの理解

「なにも出来なくても大人しくて良い子だから」

本当に?

例えば:その子にとって「ママ!みて!100点とったよ!」と自慢できることがなかったら、自己主張も出来ず、何をしたら飼い主さんが喜ぶのかも知らなかったら、どこに、お互いのコミュニケーションの赤い糸があるのでしょうか?

傍に座っている静かな子だけでよいのですか?

愛犬だけが良い子になるための躾レッスンをする形ではなく、その子のボディランゲージや表情、その子が伝えたたいだろう気持ちを読み解き、愛犬自身が本来持っているチカラを引き出しながら、私、小林里香の経験を活かして彼ら彼女たちの通訳者になります。

飼い主様と愛犬との現状の関係性をみて、その子独特の個性、これからのお互いが対等なパートナーとして生活していくために、人側(飼い主様)の理解力を養い、コミュニケーション方法をお伝えします。

私のゴール設定は
*飼い主様が、愛犬の一番の理解者になること。
*その子の専属のトレーナーを育てることです。

今までの社会的な固定観念(犬はこうでなければいけない)などを外していき、その子自身の豊かな個性を確認し、お互いの理解を深め仲良くなって頂きます。

大丈夫です!

レッスンを重ねるうちに自然に理解ができるようになります。

純粋な「うちの子」達は、あなたが気づいてくれることを待っています。これが、新たな理解と関係性を気づくためのコミュニケーション&ポジティブドッグトレーニングです。

動物達はあなたの鏡です。

先天的な原因またはトラウマ的な要因でコミュニケーションがとりずらい子はいると思います。

しかし、どこかに、何かのきっかけがあり、誰かの思い(ストレス)を感じて影響を受けている場合もあります。

一番近くにいる飼い主様が「その出来事」きっかけを想い出してくれるだけで、「ぽろっ」とその子のブロックが外れ、その子自身の悩みやストレスがなくなる瞬間があります。私はそれをmiracle(みらくる)と呼んでいます。

どうか、一緒に暮らす愛する・うちの子達の声を聴いてみてください。

無償の愛の存在である動物達が、あなたの幸せを願って伝えてくれていること。

縁があって、いま一緒にいる子達は、人側の氣を敏感に感じ取りながら、メッセージを届けてくれています。

問題行動や気になる行動などが現れた時、それに気づけたとき、そこには意味があり大きなチャンスなのです。

ドッグコミュニケーショントレーナー小林里香

小林里香プロフィール

◆こちらも合わせてお読みください◆

*問題行動に気づいた時がチャンスです。その問題行動が始まったタイミングを思い出してみてください。飼い主様自身がストレスを感じていることに気づいたら、それはAwareness (気づき)のメッセージです。コミュニケーショントレーニングと合わせたコースもありますが、飼い主様自身からストレスを軽やかに手放してみてください。一緒に暮らす動物達も幸せにしていくために、あなた自身を幸せにしていきませんか。

人と動物のARSストレスマネジメント

* クライアント様よりの声

 

■第一種動物取扱業(東京都)

Animal Reconnect System(ARS)
訓練:17005631
有効期限:平成34年10月3日