2019-08-23

笑わせてくれる犬♥☆3

愛犬B.Bは信じてもらえないかもしれませんが、もう何度でも言います。

自己主張がとても強い子で私が育児ノイローゼになるほど問題と思う犬でした。

子犬の時は「僕わかりません!」と反抗心というか、常に主張があり睨んでばかりの目つきの悪さが笑えます。

<イヌ先生との出逢い>でも軽く触れましたが、海外のトレーンング方法を取り入れて、床を叩き大きな音で叱る方法をすると、B.Bは私の動きを真似て、一緒に床をポンポンと叩きながら「う~う~」唸る子でした。

そんなことから、躾の本に書いてあるリーダー論や上下関係や脅しは効かない。

何が望まないことで、何が私が望んでいることかを、「私が」きちんと説明をしていこう。

言葉が通じないイヌだからこそ、気持ちを伝え説明していこうと決めて、何度も話し合いました。(*この経験が、私のドッグコミュニケーショントレーナーの基盤です)

そのうち少しづづ理解をしてくれるようになり、B.Bが(これかな?)と私に確認を取りながら行動をしてくれたり、正解の時は私は天才!と喜び、それが正解なことを伝えてきました。

月日とともに私を信頼してくれ、意思の疎通ができ始め、いつも見つめてくれるようになるのですが、そこにはさらにコミュニケーション力が増すことで困った事もありました(笑)

<食>に対する興味が強すぎて、絶対に欲しいと決めると「う~う~」と唸り、「しつこい!」と私が叱ってもやめない。

私が仕事をしていようが、夕方5時半の夕食時間が来ると、私の足元で「う~う~ご飯だよ」。

私が風邪でダウンしていても枕元に来て「う~う~散歩行こうよ」。

イライラしながら溜まった仕事を片付けていると無駄吠え、「うるさい!」と怒ると、さらに私の目の前に来て面と向かって吠える。

「本当に、B嫌い!」というと、「なんでだよー!」と私を真剣に見ながらもっと吠えてくる。

我慢比べの状態でした。

あまりにも主張が強すぎて、腹立つこともありましたが「ごめんちゃい」とでもいうのか、良く笑わせてくれる子でした。

喜怒哀楽がハッキリしていて、感情を全身で表現する素直で可愛い子。

私が雷を落として怒った後にB.Bが居ないと思うと、行方不明になり、隙間に逃げ込み潜んでいる子犬でした。

「B?なにしているの?笑」

怒っていても、この気転の切り替えに私も吹き出し、一緒に笑っていました。

私が笑うとB.Bも笑う。

私が完璧に躾が出来ていたかと言いますと、娘犬のCoo(クー)が来てからは、B.Bは幼いCooを守るために、さらに頑固になりました。

臆病なCooは他の犬に意味なく吠えてしまう問題な犬になり、Cooが吠えると、B.Bは前に出て一緒に吠えてしまい、他の犬友達と遊べない愛犬達。

また、世間では躾が出来ていない問題犬の飼い主になってしまいました。

問題犬とは?

先天的な遺伝もありますが、問題犬とは飼い主次第と私は思います。

都会であろうが、地方であろうが、その土地や家族のルールを教えなかった責任があると思います。

なにかのコミュニケーション網のかけ違いもあります。

その関係性をみてくれるプロを頼むことをお薦めします。

少しでも問題犬、殺処分される子達が減ってくれることを願い。

今一度、犬を飼う事の責任を私も考え直してみたいと思います。

つづき『犬と笑う喜び』

*プロになる前の一般飼い主としての立場から2011年に書き留めた記事です。

犬を買う、所有する、飼うという常識から、家族、パートナーまたは人生の伴侶として、人と愛犬の両方のQOL(生活の質)がより幸せを感じる『犬と暮らす』暮らし方をご提案したいと考えています。Rika

関連記事