2018-02-21

コミュニケーションで愛が深まる

■クライアント様より(女性)■

約2年前。家族に迎え入れた初めてのワンコ。しかも選んだのはしつけが難しいといわれるテリア種。なにもかもが初めての経験で正解が分からないまま全てが自己流になっていました。

しつけ教室に通う事もずっと悩んでいましたが、しつけ方法に疑問を感じるところもあり、なかなか踏み込む事ができずに月日だけが流れていました。

そんなときお話をいただいたコミュニケーション&ポジティブドッグトレーニングという形のレッスン。考え方に共感を持ちお願いをしてみると、今まで落ち着きがなく、おやつにしか目がいっていなかった愛犬が私の目を見るようになったのです!

レッスンを受けたあとの生活はガラリと変わりました。

ふと気がつくとじーっと見つめられていたり、動けば足元にぴったりとくっついてくるように。

座っている時も必ず寄ってきて膝の上でリラックスしたり身体にぴったりおしりをつけて眠ったり、不思議と心が通いあってるような、とても近い存在になったように思います。

そして何よりも日頃の練習が楽しいようで、クリッカーを持った瞬間レッスンモードで催促されるほど!集中力も日に日に増しているような気がします。

レッスンをきっかけに愛犬と一緒に生活する喜びを今まで以上に感じる事ができ、家族の笑顔も増えてとても楽しい毎日です。とはいってもまだまだ、やんちゃなお年頃。これからの成長が楽しみです♪書きたい事がいっぱいで…長くなってしまいました。

感受性が強い面白い子

初めて会った時から、私にメッセージをくれコミュニケーションをしてくる子でした(笑)

それについてはコチラで書いています。

「ブラン君にスカウトされた私」

「日々の積み重ねが喜びになる☆part2」

私はアニマルコミュニケーターではありませんが、香港からの先生に学びました。愛犬以外で意思の疎通がピッタリというか、コミュニケーションがこんなに分かり易い子にあったのは初めてです(笑)

飼い主様は私のコミュニケーション&ポジティブドッグトレーニングを理解してくださり、現在も継続でレッスンをさせて頂いています。特に早急に対処をしなくてはいけない問題となる行動もないので2週間に一回のペースで進んでいます。

飼い主様も初めてのトレーニングなので、私の指導を快く聞いてくださり(笑)初回はワンコよりも厳しく、飼い主様の動きの指導で終わってしまったように思います。お疲れ様でした。

しかし、毎日1回10分1項目レッスンのお約束を守ってくださり、その成果は愛犬だけに留まらず、飼い主様の犬という動物への深い理解に変わっていっています。それを、ブラン君自身がわかっているようで、飼い主様へ対しての信頼と安心がどんどん強く、絆・愛情・信頼関係が深く濃くなっています。

飼い主様も「最近、人に見えてくるのです」とぽそり(笑)


*私の膝の上から

初めの頃、休憩時間に飼い主様から「これはどういうことですか?」と質問され、私が状況などをお聞きし、私なりのまとめを話し始めると、寝ていた彼がトコトコと起きてきて、私の膝の上に背中を向けて座るという行動が始まりました(笑)

最初は偶然と思っていたのですが、、、これが二度、三度と続き、二人羽織みたい(笑)

今では私が話し始めると必ず私の膝の上に鎮座、飼い主様(ママ)をじーとみつめ、終わると私はいつも「正解?」と聞くのですが、猛烈なKissをしてくれます。そして、尾を振りながらママのところに甘えに行きます。

 


*ママさん側からの写真です

最近では新しい項目をブラン君に伝える時は私の指示をきいてくれるのですが、途中で私も少し遊びたいなと入ろうとすると、私よりもママとのLessonをすると、私とはしてくれません(笑)

普通なら、トレーナー失格ですね。

でも、良いのです。私の理想は、飼い主様が愛犬の生涯の専属トレーナーになって頂きたいと思っていますし、その専属トレーナーをつくるのが私のお役目と思っています。

これから短くて長い約15年、トレーナーとしての私の指示は聞くけれど、飼い主様の指示は聞かないという子よりも、一番の理解者である飼い主様の指示を聞いてくれることが、私の喜びなのです。

◆コミュニケーション&ポジティブドッグトレーニング

「コミュニケーション&ポジティブドッグトレーニングとは?」
コミュニケーション&ポジティブドッグトレーニング
CPDTの詳細&より詳しく

 

ドックコミュニケーショントレーナー
小林里香

 

関連記事